sync4

by psychiatrist / contributor for Cookie Scene music journalism publication since 1997 to2009. web magazine launched in 2010.

私には子ども時代がありませんでした。

2001年3月6日 マイケルジャクソン イギリス ケンブリッジ大学にて

「  私達はみんな子ども時代に多くのことを学びます。世の中のことなんておかまいなしに遊びほうけて、両親から大切にされ、悩み事といったら学校のテストくらいなものです。

  しかし私はその子ども時代が欠けたまま大きくなったのです。コーラスグループで休み無く歌い踊っていた私は当時5歳でした。もちろん音楽活動はずっと好きで楽しみながら続けてきたものですが、小さい頃は何よりふつうの子どもでありたかった。友達と木の家をつくったり、ボール投げやかくれんぼをして過ごしたかったのです。名声を得ながらも私は、好きなように自由に遊ぶ子ども達の笑顔がうらやましかった。

  その頃すでに有名人だった私は出掛けるときは変装しなければなりませんでした。たまの休日に郊外の街に出かけて、商店街の雑踏や、公園で遊ぶ子ども達や、ベンチでまどろむ子守役の老婆を眺めながら、すばらしく平和できらきら光る日常の光景に浸ってゆくことが何よりも楽しかった。取るに足らない平凡なことと誰もが思うでしょう。まさにそういったことが私を魅了してしまったのです。

  どんな子どもでも一人一人無条件に愛される権利が必要です。どんな状況においても愛され保護される権利、どんな子どもでも自分に価値があると信じられる権利、どんな内容であれ話を聞いてもらえる権利、いじめにおびえずに平等に教育を受ける権利。肌の色が黒いか白いかとか、どんな宗教を信じているか以前に、わたしたちは自分が愛されていると知るべきです。」

 

by Toyokazu Mori(森豊和) mail sync4@i.softbank.jp

Remove all ads