sync4

by psychiatrist / contributor for Cookie Scene music journalism publication since 1997 to2009. web magazine launched in 2010.

REVIEW UNISON SQUARE GARDEN / CIDER ROAD

  First of all,  I would love to say it's HIGH DENSITY POP.  I talk about UNISON SQUARE GARDEN 4th Album CIDER ROAD. They are great ROCK BAND but extraordinary POP TRIO. In 4th album, They take in Horn section & Keybord Luxuriously,Like a BIg Band. I am impressed by ” like coffee no Omajinai(Magic like Coffee) ”in particular.

  Tomoya Tabuchi is Main composer, He has no prejudice about Music genre,because He loves Not only Indie rock but also Japanese anime songs. In addition, He loves his own songs, His songs are his children. That's why Tomoya makes High quality songs.

  Basically, their songs are guitar rock, include 80's NEWWAVE or 90's alternative rock taste, Personally I think, Tomoya's songs have common tension with  Morrissey(ex. Smiths) and contains something POP!! 

   I listen CIDER ROAD and remind ZARD, B'z, Mr. children and  many other 90's japanease Million seller artists. Popness concentrate in their MUSIC. but not be in Weight over, They drive fully throttle, High speeeed!!!  sharp Drum attack, Groovy Base play, and sings Sweetly & Bravely with dreamy lylic. Finally CIDER ROAD makes Girls & Boys smile.

 

 

  「つまるところオリジナリティってやつに執着しなくなると、人はもっと音楽を楽しめるようになるんだ。だってオリジナルなものなんて何もないんだからな。オウテカの曲と間違えてしまうような50年代のレコードだってあるんだ。どんな音楽だってたいていそれ以前に誰かがやってるんだ。俺自身今はオリジナリティよりその音楽が本物かどうかってことに重点を置くようになってる。つまりそれが模倣かどうか気にするやつの音楽より、自分のやってることをとにかく信じてるやつの音楽を聴きたいってことさ。」 by Andrew Wetherall

  アンドリューウェザーオールは言わずと知れたUKの偉大なDJ、プロデューサー。彼の言葉を引き合いに出して何を語りたいって。UNISON SQUARE GARDENの4th Album CIDER ROADです。

 

  アルバム全体通して突き抜けています。長さを感じさせない。元々あった80’s~90'sポップスの要素が遠慮なく全開になって、古今東西のポップスをギターロックに落とし込んで、重量オーバーになるはずが、鋭角高速フルスロットルして突っ走って胸がいっぱいになる。それは彼らが音楽を分け隔てなく愛し、かつ自分の音楽を信じているから。ホーンと甘いコーラスが贅沢に入った「like coffeeのおまじない」が特に私は好き。下北ギターロックに偏見ある人にこそ勧めたいです。
  付属スタジオライブ。ガリレオのショーケース。初期のこれが入ってるのがいい。田淵君らしさ全開の奇妙なリズム感、この曲があったからこそ彼らのインディー時代当時、他のバンドと一線を画すと思った。理論的な曲構成とかは全然違うんだろうけど、Smithsのモリッシーに似ている。独特なグルーブに共通するものを感じます。 Smithsっぽい曲をやるインディーバンドは日本にもたくさんいるだろうけど、私が求めてるのは、そのままコード進行のコピーとかじゃない。恐れ知らずでがむしゃら、孤高の高みに立つテンション。

 

 

  by Toyokazu Mori (森豊和) mail sync4@i.softbank.jp

Remove all ads