sync4

by psychiatrist / contributor for Cookie Scene music journalism publication since 1997 to2009. web magazine launched in 2010.

REVIEW OGRE YOU ASSHOLE / confidential

 OGRE YOU ASSHOLEの新作confidentialAOR(audio oriented rock / 歪ませない、音の響きを重視したロック)なアレンジがむしろ極初期の作風と通じる。ソウル、ジャズ、レゲエ風のアレンジ、チープな電子音やホーン、民族楽器、それに気持ち悪い呟き、果てはノイズまで加えて、しかしシンプルに隙間を多く作られたサウンド故に、むしろ激しく胸を揺さぶる。私が好きな音楽は共通してある種の研ぎ澄まされたヒリヒリ感があるみたいです。

 古くはTelevisonからBuit to spillやSpoon、日本で言えばナンバーガールゆらゆら帝国のようなUSインディー、サイケデリアからの影響を強く感じさせ、かつ単なる真似になっていない稀有なバンドだと思います。CANを始めとしたサイケ、クラウトロックの影響も強い。

 彼らの音楽はそのダークな出自の割にすごくあたたかく豊潤な響きをたたえています。いわば毒沼の中から生まれてきた赤子のような。

  彼らが名古屋のライブハウスで活動していた頃から観ていて、7年経っても聴き続けています。彼らの音楽性が年齢につれ変わっていっているから、無理なく聴き続けられるのかもしれません。今、名古屋周辺で活動しているバンドの少なくない数が、彼らの影響を受けているといってまちがいないでしょう。
  出戸君達が前身バンド「ジョイディビジョン」を始めたのが高校生の頃。地元松本のCD屋店長がイベンターもしていて彼のイベントクレイジーリズムに出演。このイベントの初回は、現ドラマー勝浦さんの当時のバンドが出演していたそうです。その縁からか名古屋に移り、勝浦さんが加入した後も海外バンドや元ナンバーガールの前座を数多くこなし注目されていきます。現在ではModest mouseMGMT等ビルボードナンバーワンバンドの前座に招かれ、イギリスの国民的バンドSmithsのギタリストジョニーマーからも認められるという、これ以上ない扱いを受けています。

 

 

  by Toyokazu Mori (森豊和) mail sync4@i.softbank.jp

Remove all ads