sync4

by psychiatrist / contributor for Cookie Scene music journalism publication since 1997 to2009. web magazine launched in 2010.

クッキーシーン掲載記事2013年9月

FRANZ FERDINAND『Right Thoughts, Right Words, Right Action』(Domino / Hostess)http://cookiescene.jp/2013/08/franz-ferdinandright-thoughts.php JESSY LANZA『Pull My Hair Back』(Hyperdub / Beat)http://cookiescene.jp/2013/09/jessy-lanzapul…

New one

Snakadaktal http://www.theguardian.com/music/2013/aug/30/snakadaktal Totem http://www.theguardian.com/music/2013/sep/05/totem Tangerine http://www.theguardian.com/music/2013/sep/20/tangerine Western Lows http://www.theguardian.com/music/20…

REVIEW & INTERVIEW ARCHIVE CRUNCH

CRUNCH / New Video ふとした日常のこと 「透き通った声の説得力のあるボーカルとクリーンなギターの音が印象的だ。独特な世界観と歌詞は視覚的なイメージが膨らみやすく、五感に訴えてくるのが心地いい。全体に解決しないコード進行が多く使われているよう…

REVIEW スピッツ『小さな生き物』

http://cookiescene.jp/2013/09/universal-2.php このレビューは実はその後に以下のような創作が続きます。あまりにも主観的なためカットしましたが、クッキーシーン掲載レビューの通低音を小説風に書いたものです。

REVIEW ASIAN KUNG-FU GENERATION 『ザ・レコーディング at NHK CR-509 Studio』

http://cookiescene.jp/2013/09/asian-kungfu-generation-at-nhk.php このレビューの行間には以下に記す、これだけのアウト・テイクがあります。

REVIEW Ropes

Ropes「Usurebi」(THROAT RECORDS) http://cookiescene.jp/2013/09/ropesusurebithroat-records.php

最近のお気に入り サイケなど

Bondax Society Great Ytene Los Porcos Bedlam

クッキーシーン掲載記事2013年8月

1パブリック・イメージ・リミテッド at 名古屋クラブダイアモンドホール 2013.4.2を観てhttp://cookiescene.jp/2013/07/-201342.php#more 2CHARLIE BOYER AND THE VOYEURS『Clarietta』(Heavenly)http://cookiescene.jp/2013/07/charlie-boyer-and-the-voye…

Music Alliance Pact August 2013

世界30カ国以上の音楽サイトで素晴らしいインディー・ミュージックを共有する企画MAP8月度です。こちらでmp3コンピレーションがDLできます。主催国The Pop Copでは専用プレイヤーで連続試聴できます。

LIVE REVIEW レミ街

6人編成のレミ街を観てきた。以前より躍動感が増している。何より大人数で楽しそう。ペルシア辺りの宮廷古来のダンス・ミュージックがこんな風かもしれない。 鈴の音、タンバリンといった涼しげな金属音をアクセントに、深谷彩の鍵盤ハーモニカや、荒木が3種…

LIVE REVIEW Pollca(ポルカ)

Pollca(ポルカ)という名古屋のバンドを観た。感情に直に訴えかけるメロディーがずるい。スクラッチノイズや様々なエフェクトを多用してDJプレイのような展開。サカナクション以降の感性かもしれない。実際に1曲の内でもめまぐるしくリズムが移っていく。数…

最近のお気に入り

Nick Brewer Guardianよりドリーミー・ヒップ・ホップ。 NEOV 「DAYDREAM CITY」 フィンランドのシューゲイザーポップ Mac DeMarco 「Young Blood」 ad Hocではライブ音源が公開中。 Jessy Lanza Guardianにて音源公開されています。HyperDubの新鋭。 by Toy…

REVIEW ミツメ mitsume / 『うつろ uturo 』

ミツメ / うつろ mitsume http://soundcloud.com/mitsume ミツメのボーカル、ソング・ライターの川辺素君。彼は以前、幼い頃の夏の思い出について書いていた。彼のプライベート・ブログで。少し寂しくて、でもなじみやすく、すうっと心に入ってくる。読後感…

Music Alliance Pact July 2013

MAP7月号。本家UK、ScotlandのThe Pop Copでは専用プレイヤーで聴けます。曲名を右クリックでmp3DLできます。29曲まとめて落とすにはこちら。 right-click on the song title to download an mp3, or grab a zip file of the full 29-track compilation thro…

LIVE REVIEW UNISON SQUARE GARDEN

UNISON SQUARE GARDEN ONEMAN TOUR2012[DVD] UNISON SQUARE GARDEN presents fun time HOLIDAY 5 1200人以上収容のダイアモンドホールが瞬殺完売だった。ユニゾン・スクエア・ガーデンのライブを観た。会場全体が揺れている。観客に応える彼らは、押すべき時…

私には子ども時代がありませんでした。

2001年3月6日 マイケルジャクソン イギリス ケンブリッジ大学にて 「 私達はみんな子ども時代に多くのことを学びます。世の中のことなんておかまいなしに遊びほうけて、両親から大切にされ、悩み事といったら学校のテストくらいなものです。 しかし私はその…

REVIEW ヒツジツキ Hitsujituki 『closet classic』

ヒツジツキ / closet classic (himitukiti) メンバーそれぞれ大阪、京都、神戸の関西3都在住のインディー・ロック・トリオ、ヒツジツキ。音を合わせた途端ステージの空気が変わる。とにかくライブ・バンドなのだ。スリー・ピースとは思えない音圧、ふくよか…

スキゾイド 3

ユングの心理学では 「自分=自我、つまり意識」。それに対して「世界=自己、つまり無意識」 という対の概念がある(対立概念ではない)。 自我は「今感じている自分」だ。それに対して自己とは何か。ユングは講演で聴衆に対してこう説明したという。「例え…

Joy division / Morrissey / Beach boys/ Flaming lips

Joy Divisionの自殺したボーカリストIan Curtisについて、その妻が書いた伝記を読んだ。伊藤英嗣監訳のハシエンダに比べ恐ろしく直訳で読みにくい。しかし史料価値は高くイアンの人柄について興味深い記述が多い。この本を基にした映画も公開されている。 イ…

359music announced first 6 artists

アラン・マッギー(Alan McGee)がCreation、Poptonesを経て新たにCherry red傘下に立ち上げた新レーベル359music。第1弾アーティストが発表されています。359musicはCreationではない。若手からベテランまで幅広く良質なアーティストを発掘していきたいとの…

スキゾイド 2

「スキゾイドschizoid」という言葉を統合失調症、自閉症スペクトラムをゆるく包括する概念として便宜上使用する。それを一般的な言葉で表すなら「異邦人」「ストレンジャー」「アウトサイダー」といった言葉になるかもしれない。 彼らは情報処理システム(認…

REVIEW UNISON SQUARE GARDEN / CIDER ROAD

First of all, I would love to say it's HIGH DENSITY POP. I talk about UNISON SQUARE GARDEN 4th Album CIDER ROAD. They are great ROCK BAND but extraordinary POP TRIO. In 4th album, They take in Horn section & Keybord Luxuriously,Like a BIg …

REVIEW OGRE YOU ASSHOLE / confidential

OGRE YOU ASSHOLEの新作confidential 。 AOR(audio oriented rock / 歪ませない、音の響きを重視したロック)なアレンジがむしろ極初期の作風と通じる。ソウル、ジャズ、レゲエ風のアレンジ、チープな電子音やホーン、民族楽器、それに気持ち悪い呟き、果ては…

スキゾイド 1

彼はノートを広げていた。 「地球最期の日にあなたはどんな表情をしますか?」 彼は長い年月のあいだ統合失調症だった。一見すると全く精神が荒れ果てているようにみえた。それがだ。ある種の事態に出くわすと、突然思慮深く感情さえ表してその事態を乗り切…

REVIEW Edwyn Collins - 包容力と生命力とユーモア -

2013年春、元Orange Juiceの中心人物Edwyn Collinsが新作発表に伴う英国ツアーを行った。「みんなパンクロック好きのやんちゃ坊主だよね!」とファンに向けて情熱的に呼びかけながら。 生命の危機を乗り越えてステージに復帰した今だからこそより響く言葉だ…

実存的苦痛

その人がその人であるということは、いったいどういうことでしょう。生きてきた証を積み上げることは、高齢になるにつれ、ますます重要になります。若者には未来がある。いくらでも理想を描くことができる。一方で50代以降、しだいに人は損なわれていく。そ…

REVIEW 入江陽 Yo Irie / river or liver?

まずはこの衝撃的なPVを(他の作品もこちらで観れます) Deerhunterのブラッドフォードコックスは新作Monomaniaのインタビューでこう語っている。「ルーリードのメタルマシーンミュージックが精神病を病む子ども達に好かれているという。僕もそんな音楽を作…

REVIEW Access to FU-MU

FU-MU FULL LIVE MOVIE HERE 名古屋にFU-MUという特異な若手ユニットがいる。かつて伊藤英嗣氏は彼らのことをこう評した。 -「緻密かつパワフルなエレクトロニック・ミュージック」「アート方面に行ってしまいそうなところを、ギリギリで踏みとどまっている…

今、あなたがインディーミュージシャンとして活躍したいのなら

良質な人脈は「裏表がない人」であることが大切です。これを見誤ると時間ばかり浪費します。人脈は立場や興味が近い特定人脈を探す ことでしか得られません。できれば自分で足を運んで人に出会い、興味ある人と会話する。遠回りなようで一番近道です。 会っ…

CRUNCH / Mexico Culture Radio interview

名古屋のガールズバンド、CRUNCH海外ラジオインタビューです。こちらから。9分50秒頃から初公開のSayoko-daisy REMIXが流れます。 On Air list 1.UTAKATA(Sayoko-daisy REMIX) 2.Mori no Naka 3.Snow Light4.Simple Mind Kinoko power from mexico city clut…